国立で唯一【炭酸整体】整体&リラクゼーションマッサージのもみぽん国立店

ブログ

国立市在住10代の方へ やることが多くて寝られない君へ!疲れをとる昼寝の方法!

国立市在住10代の方へ やることが多くて寝られない君へ!疲れをとる昼寝の方法!の画像

昼寝のコツは短い時間で浅く寝ること

昼寝をしてしまったら、夜に寝られなくなるのでは?と心配になりますよね。
確かに通常の睡眠と同じようにベッドで寝てしまうと生活のリズムが乱れてしまったり起きた時にだるさを感じます。

国立市在住20代30代の方へ 10代とは違う。疲れを残さないための熟睡のすすめ

国立市在住20代30代の方へ 10代とは違う。疲れを残さないための熟睡のすすめの画像

自分のペースで睡眠をとることが出来ない社会人。 夜間勤務や忙しい人付き合いにも耐えられる、熟睡とすぐ起きるコツとは? ○起きる前には体温が上昇する ○スッキリ起きるにはエアコンをつけてはいけない ○夜間勤務でも熟睡するコツは脳に寝ることを教える 「前は徹夜が余裕でできたのに…」「朝起きるのが辛いな~」20代、30代ともなると 自分のペースで生活を送ることができた10代と違って仕事や人付き合いなど、時間的な余裕が持てないことが多いですよね。 ま...

今年も一年ありがとうございました!

今年も一年ありがとうございました!の画像

今日で2017年も終わり。 今年も1年間ありがとうございました。 実は来年、もみぽん国立店は20周年YEARなのです。 何か喜んで頂けるイベントを開催できたらなと思います!(^-^)   もみぽん国立店は元日のみお休みを頂き 2日と3日は12時開店の18時閉店 4日以降は通常営業 となります。   2018年もお身体のケアは是非もみぽん国立店へお任せください。 それでは皆様よいお年をお迎えください★

国立市在住50代以上の方  『一日の計は朝にあり』

国立市在住50代以上の方  『一日の計は朝にあり』の画像

身体が自然と朝早く起きるのなら、二度寝はせずに 良い朝をすごして、より良い一日にしましょう! ○朝起きて3時間が一番脳が活発に動いている時間 ○22時~4時が睡眠に最も適した時間 ○日の光を浴びることで、生活リズムをリセット 〇朝に軽く身体を動かくことは効果的   ほんの100年程前、文明開化が起こるまでは、我々人間は日の入りとともに床につき、日の出と共に目覚める生活をしていました。 本来、人間の体というものは、睡眠のゴールデンタイムと言われ...

国立市在住40代~50代の方へ 夜遅くに帰ってくる子どもに邪魔されずに熟睡する方法

国立市在住40代~50代の方へ 夜遅くに帰ってくる子どもに邪魔されずに熟睡する方法の画像

最近、息子の帰りが遅くて眠り端に起こされてなかなか眠れない。 子どもが大きくなったからこそ特有のそんな悩みを解消します! 〇ノンレム睡眠とは 〇生活リズムを作り体内時計を整える 〇熟睡するために有効なアイテム 子育てもひと段落し、少しは自分の時間がとれるようになった! そんな余裕の出てくる40代、50代。 これでぐっすり眠れるようになったか・・・というと、「最近、息子の帰りが遅くて眠り端に起こされてなかなか眠れない」というお悩みを頂戴し...

国立市在住20代~30代のかたへ ダイエット効果を高めるための睡眠のポイント

国立市在住20代~30代のかたへ ダイエット効果を高めるための睡眠のポイントの画像

「食事制限」や「運動」など、頑張らなくても 正しく眠るだけで、痩せるだけでなく、お肌もキレイになるって本当!? 〇夜中の1時までには眠っている 〇できれば7時間以上眠る 〇睡眠と痩せホルモンの関係 〇ドローインという腹式呼吸がポイント ダイエットというと、「食事制限」や「運動」など、我 慢や努力の積み重ねというイメージがありますよね。 しかし、実は「正しく寝る」ことによって、キレイに痩せ ることができることをご存知ですか? 「寝るだ...

炭酸のススメ⑤ アスリートも愛用の炭酸水

炭酸のススメ⑤ アスリートも愛用の炭酸水の画像

アスリートも愛用の炭酸水 炭酸水の中には二酸化炭素が含まれている。 炭酸水を飲むと、水とともに二酸化炭素を体内に取り入れることになり、血中の二酸化炭素濃度が高くなる。 すると体は「酸素が足りない」と危険信号を出し、酸素の濃度を上げようとして、血管を広げて血流量を増やす。 軽くジョギングするのとほぼ同じくらいの運動量を体が感じるといわれています。 血行が促進されることで、体の冷えも解消されます。 また、体は疲れると疲労物質である水素イオン...

炭酸のススメ④ 炭酸施術で血管が若返る理由 その①

炭酸のススメ④ 炭酸施術で血管が若返る理由 その①の画像

炭酸施術で血管が若返る理由(前編) 血管の老化は体も老化をさせる・・・ 血管の状態が悪いと血液の質も落ちます。 その血液が内蔵器官へ栄養などを供給する事に不十分な働きになるのです。 その結果、内蔵機能低下筋肉など栄養不足によって筋肉疲労やコリ痛みがでてくるのです 血管の老化を防ぐ為には、やはり運動・・・ 運動する事によって体内でNO(一酸化窒素)がたくさん生産されます。 そのメカニズムはアルギニンというアミノ酸に関係があります。 そのNOが硬く...

国立市在住10代向け 修学旅行や合宿など旅先でも熟睡できる睡眠方法

国立市在住10代向け 修学旅行や合宿など旅先でも熟睡できる睡眠方法の画像

枕が変わると眠れないかもしれない!なんて心配はいりません。 楽しい旅行がもっと楽しくなる、旅先での眠り方をご紹介します。 〇旅先で眠れないのは第一夜効果のせい 〇心地よく眠るために旅行先でも 自宅と同じような環境を作ろう 〇快眠を施すアイテム 学生生活の中で、修学旅行やゼミやクラブ合宿など自宅以外に宿泊する機会は少なくありません。 中には、枕が変わると寝付きにくいと感じる人もいるのではないでしょうか。 きちんとした睡眠が取れないと、旅の間...

国立市在住50代以上の方へ 高齢者が陥りがちな睡眠障害の基礎知識

国立市在住50代以上の方へ 高齢者が陥りがちな睡眠障害の基礎知識の画像

○不眠症には様々な症状があります ○加齢によるものだと諦めずに ○脚がビクッと動いて起きてしまう、脚がむずむずし て眠れない・・・それも睡眠障害です 今こそ自分の人生を楽しむための準備を始めるときと言えます。 しかし、若い頃は全く睡眠に問題がなかったのに、自由な時間が増えた途端に睡眠障害を引き起こす人が少なくありません。 今回は、高齢者が陥りがちな睡眠障害についてお話しします。 ◎慢性的な眠りの不調である不眠症 不眠症と一口に言っても、そ...